名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

手術後、どのくらいで腫れがひくの?

このページでは、二重整形のダウンタイム(腫れ)についてリサーチしています。

二重整形後、ダウンタイム(腫れ)はどのくらいでひくの?

すずらんあこがれのパッチリ目元を実現する、二重整形。積極的に挑戦して、長年のコンプレックスにサヨナラしたい、という人は数多いようです。

しかし、実際に施術へ臨む前に、いくつかのリスクマネジメントを行っておく必要があります。そのひとつが、ダウンタイムの管理。目元に施術を施す場合、一番気になるのが「腫れ」です。

目元がひどく腫れ上がっていると目立ちやすく、特に女性の場合「整形したんじゃないの?」感づかれる可能性も…。こうした事態は、できるだけ避けたいですよね。以下に施術ごとの平均ダウンタイムをまとめました。

埋没法 腫れは比較的少ない。術後3~6日は、あまり予定を入れないのがベスト。
アイメイクは3日後より可能。
部分切開法 強い腫れが1週間程度続くので、事前に予定を調整したいところ。
アイメイクは強い腫れが引いたところで可能になる。
全切開法 強い腫れが1~2週間程度続くので、事前に予定を調整したいところ。
アイメイクは強い腫れが引いたところで可能になる。

※上記はあくまで平均的な経過となり、症状には個人差があります。

やはり、皮膚にメスを入れる切開法の場合は、ダウンタイムが長くなる傾向のようです。衝動的に施術に及ぶと、周囲の人から驚かれる可能性が高まりますので、施術後のスケジュール管理は万全にしておきたいところ。長期の休暇中や、離職中などのタイミングに合わせて手術を行うのが最善ではないでしょうか。

また、術後3日~1週間は特に炎症が強いので、以下を心がけることが大切です。

  • 患部のアイシング(アイテムを事前に用意しておく)
  • お風呂に長時間入らない
  • 運動は控え、安静にする
  • お酒を飲まない

上記を徹底すると、ダウンタイムを最低限に抑えることができるようです。カウンセリングや術後の説明中に、医師の指導があるはずなので、きちんと従うようにしてくださいね。

名古屋で二重整形をしたい人は必見!クリニック選びのポイント
 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック