名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

手術後、どのくらいで腫れがひくの?

このページでは、二重整形のダウンタイム(腫れ)についてリサーチしています。

二重整形後、ダウンタイム(腫れ)はどのくらいでひくの?

すずらんあこがれのパッチリ目元を実現する、二重整形。積極的に挑戦して、長年のコンプレックスにサヨナラしたい、という人は数多いようです。

しかし、実際に施術へ臨む前に、いくつかのリスクマネジメントを行っておく必要があります。そのひとつが、ダウンタイムの管理。目元に施術を施す場合、一番気になるのが「腫れ」です。

目元がひどく腫れ上がっていると目立ちやすく、特に女性の場合「整形したんじゃないの?」感づかれる可能性も…。こうした事態は、できるだけ避けたいですよね。以下に施術ごとの平均ダウンタイムをまとめました。

埋没法 腫れは比較的少ない。術後3~6日は、あまり予定を入れないのがベスト。
アイメイクは3日後より可能。
部分切開法 強い腫れが1週間程度続くので、事前に予定を調整したいところ。
アイメイクは強い腫れが引いたところで可能になる。
全切開法 強い腫れが1~2週間程度続くので、事前に予定を調整したいところ。
アイメイクは強い腫れが引いたところで可能になる。

※上記はあくまで平均的な経過となり、症状には個人差があります。

やはり、皮膚にメスを入れる切開法の場合は、ダウンタイムが長くなる傾向のようです。衝動的に施術に及ぶと、周囲の人から驚かれる可能性が高まりますので、施術後のスケジュール管理は万全にしておきたいところ。長期の休暇中や、離職中などのタイミングに合わせて手術を行うのが最善ではないでしょうか。

また、術後3日~1週間は特に炎症が強いので、以下を心がけることが大切です。

  • 患部のアイシング(アイテムを事前に用意しておく)
  • お風呂に長時間入らない
  • 運動は控え、安静にする
  • お酒を飲まない

上記を徹底すると、ダウンタイムを最低限に抑えることができるようです。カウンセリングや術後の説明中に、医師の指導があるはずなので、きちんと従うようにしてくださいね。

ダウンタイムを短縮するために自分自身でできること

上記でも述べましたが、二重手術の後は最低でも3日~7日程度のダウンタイムは覚悟してなければなりません。

ですが、一般的にダウンタイムのピークは3日ほどまでとされています。3日以降は炎症が治まっていく段階に入ってきますので、腫れを引かすのも悪化させるのも自分の努力というものが左右されてきます。

ここからは、自分自身でできるダウンタイムの短縮方法についてさらに深く説明していきたいと思います。

冷やした後は温める

目だけに限った話ではないですが、やはり体のどこかが腫れた場合というのは患部を冷やすというのが一番手っ取り早い方法なのかもしれません。

二重手術をしたまぶたの上というのは毛細血管がたくさん集まっており、血流の流れも早くて量も非常に多い場所だとされています。ですので、二重手術のダウンタイムはどうしても避けることができないのです。

ということから、患部を冷やすということ自体かなり効果があるのです。

手術後の3日間は非常に大事であり、市販で売られている冷却ジェルなどをガーゼやタオルなどに包んで患部に当てておくだけでも腫れが引く早さも違ってきます。

ここで注意が必要なのですが、1日中ずっと冷やすのでなく、適度に何度かに分けて冷やす方が良いとされています。

患部が冷たくなったら時間を置くといったように、目の感覚がなくならないように注意しなければなりません。

そして、腫れがだいぶ引いてきたら今度はタオルをお湯などで濡らして温めるようにしましょう。

これは内出血の消失を目的にしています。ですので、腫れが引かないうちは絶対にやってはいけないのです。

入浴はシャワーのみ

手術後1週間以内は、体温を上げたり血行を促進するような運動をしてしてしまうと内出血をさらにひどくさせる恐れがあります。

お酒も決してよくありませんし、辛い食べ物や極端に熱い食べ物も控えた方がいいでしょう。

激しい運動はもちろんのこと、サウナや熱い湯船に入るという行為なんてのも絶対に良くはありません。

とはいえ、何日もお風呂に入らないというのも難しい話であります。

正直なところ、入浴に関しては手術後の3日間は控えた方が良いとされています。ただ、湯船に浸かるような入浴がダメであって、ささっとシャワーを浴びる分には問題ないといえるでしょう。

顔に水がかかること自体は特に問題ありませんが、できれば患部に水はかけたくないところ。

ですので、頭を洗う際は顔を上げるようにして、水を後ろ向きにかけてあげれば患部に水がかかる心配もないかと思われます。

できるだけ頭は心臓より下げない

幼い頃、指や腕を切って血が出た際、心臓より患部を高く上げなさいということをよく言われたかと思います。

これも同じことで、できるだけ頭も心臓より下げないということが大事になってきます。

基本的に、腫れて炎症が起きている部分というのはどうしても水分がたまりやすくなり、むくみも出てきてしまいます。

頭も心臓より下がってるとなると顔もむくみやすくなりますし、さらに目の腫れもひどくなってしまいます。

とはいえ、頭は常に心臓より上にあります。ですが、ここで注意しないといけないのが寝るときなど横になった場合です。

うつ伏せの態勢で寝るというのは決して良くはありませんし、枕を使わずに寝るというのも決して良くはありません。

頭が高い位置で寝るのが望ましいので、いつもより枕を高くして寝ることを心掛けるようにしましょう。

普段以上に安静を心掛ける

手術後の激しい運動はご法度とされていますが、運動どころか普段以上に安静を心掛けることもダウンタイムにはとても大事なことです。

ただ、手術をした場所は目の上のまぶたになりますので、体はいつもと変わらず至って元気であります。

高熱が出たり足を骨折したとなれば嫌でも体を安静にさせるでしょうが、そうでない限り絶対安静というのは難しかったりもします。

ですが、ダウンタイムの短縮にために最低でも手術後の3日間は安静にするようにしましょう。

もし仕事が休めるようならその間はしっかりと休んで、無理ならばゴールデンウィークやお盆などの長期休暇が取れるときに手術を受けるようにした方が無難です。

一般的に、二重手術の後はまぶたの腫れや目の違和感から、ほとんどの人がナーバスになりがちといわれています。

このナーバスな気持ちになるということ自体、決して安静な状態ではないのです。

ナーバスになるというのは少なからず気持ちも緊張をしています。緊張状態というのは自然と肩や頭部に力が入ってしまい、自律神経を乱れさせたり血行も妨げています。

そうなれば傷の治りも遅くなってきますので、少しでもナーバスな気持ちになったら深く深呼吸をして、できるだけリラックスできる状態を保つように心掛けることが大事です。

メイクの際に心掛けること

二重手術を受ける人の大半が女性の患者さんとなります。大人の女性にとってメイクというものは生活の中で必要不可欠なものでもあります。

そもそも、手術後すぐにアイラインなどの目のメイクができるはずがないのですが、目以外のメイクは普通にすることができます。ほとんどの人は手術の翌日から普通にメイクをしていますし、目のメイクに関しては3日以降には普通にしています。

しかし、目のメイクに関しては患部の腫れがひどくないときに限ります。

とはいえ、3日目で完全に腫れが引く人はほとんどいません。

そこで腫れを目立たなくさせるメイク方法というものがあるのですが、まず二重まぶたにアイラインやマスカラをたくさん塗るという方法です。

内出血や多少の傷が残っている場合、濃いめのアイシャドーやコンシーラーを使うのも効果的であります。

広い二重まぶたに使いたいアイシャドーの色に関しては、白や青、茶色系などのパールがかかった薄い色を使うことで広い二重まぶたの幅を自然に見せてくれます。

逆に、紫や茶色などの濃い色、そしてピンクやオレンジ系の薄い色は二重まぶたの幅を広く見せる働きがありますので注意が必要です。

今では気軽に二重まぶたの手術が受けられる時代です。1日でも早く新たな生活を送るために、ダウンタイムの短縮だけは心掛けるようにしましょう。

名古屋で二重整形をしたい人は必見!クリニック選びのポイント
 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック