名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

手術はどんな流れで行うの?

やっぱり二重が良いですか?

大きな瞳ではっきりとした目元はやはり華やかで美しく、印象に残りますよね。

男性に「好きな目の条件」を質問したところ、まぶたに関しては二重、奥二重、一重のうち、なんと7割以上の男性が「二重が好き」と答えたという統計があります。

二重の魅力は何と言っても目がぱっちりと大きく見えるということ。瞳が大きく見えますから、アイメイクを控えても十分印象的。ナチュラルメイクが好きという男性からも「とにかく可愛い!」という意見が多数ありました。

奥二重は奥ゆかい印象で良い、主張し過ぎず自然で良い、という男性の意見もありました。メイクなどで変化を楽しめるという女性の意見も目立ちました。

一重は和風美人という印象を持っている男性もいました。昔から「切れ長美人」と言われる目は横幅があり、目尻が細長く切れ込んでいて、まつげの印象が目尻に残るような形状をしています。多くは一重や奥二重であることが多く、ぱっちり二重と対照的にシャープでクールなイメージです。そのイメージを生かして活躍されているモデルや女優さんも多数いらっしゃいますね。

基本的にはどのようなまぶたや目の形状であっても、それぞれの特徴を生かして魅力的に見せることは十分可能です。でも、「二重になりたい!」という気持ちが現状の自分へのコンプレックスになり、気分も沈みがちになってしまったり、「人生が楽しめない!」と感じてしまうということもあります。それは決して大げさなことではなく、自分の外見をはじめ何事においても自分の理想に近付きたいと願うのは当然のことです。

二重になるための毎朝の習慣

ノリのような接着剤をまぶたにつけてプッシャーと呼ばれる細い棒を押し付け、二重に見せるという商品も大人気なのだそうです。でも、これらの商品を上手に使いこなすのは練習を重ねなければならず、接着剤をつけすぎてしまったり、途中で接着剤が取れてしまうなど、なかなかうまく使えないという方も多いそうです。

忙しい毎朝の支度で顔、髪、そのうえまぶたまで整えるというのは時間的にも負担と感じる方も多いはずです。そしてやはり接着剤では、取れてしまえば元に戻ってしまい、根本的な変化にはなりませんから、いつも気にしておかなければならないという欠点もあります。最近ではウォータープルーフタイプの商品などもありますが、毎日使用することが負担に感じるようになって、二重整形手術をされるという方が多いそうです。

名古屋にも多数あるクリニック。どのようなクリニックが良いのかも合わせて考えていただきたいと思います。

このページでは、二重整形手術の流れを紹介します。

二重整形手術はどんな流れで行うの?

憧れのパッチリ目元を実現する二重整形手術には、大別して2種類の方法があります。

  • 埋没法…特殊な糸でまぶたの裏を1~数ヶ所留めていく。施術時間は10~20分程度。
  • メリット:糸を取れば元に戻せる(経過期間にもよる)、ダウンダイムが短い
    デメリット:糸が取れてしまう可能性がある
    手術時間:10分程度
    ダウンタイム:1週間
    期間:1ヶ月

  • 切開法…希望する二重ラインの上を切開し、余分な皮膚や皮下脂肪などを除去する。
  • メリット:半永久的に二重になる
    デメリット:手術跡が残る、元には戻せない
    手術時間:1時間程度
    ダウンタイム:2週間
    期間:3ヶ月〜6ヶ月

さらに、埋没法、切開法にもそれぞれ複数の方法があり、二重ラインの幅や、元の目の形、手術したことが目立たないかどうかなど、何を優先するかによって異なる場合があります。

それを医師に提案されたからと即決してしまうのは、あまりおすすめできません。値段が高いから進めているだけという場合もあります。術式などに関しても医師任せにせず、事前に調べておくようにしましょう。

とは言えいずれも、手術の流れについて大きな差はありません。以下に見ていきましょう。

 1.カウンセリング

二重整形手術を考えたら、まずはカウンセリングの予約をしましょう。「手術をするかどうか迷っている」「そのような方法が良いか決めかねている」「料金はどれくらいするのか比較検討したい」「リスクはないのか」「ダウンタイムはどれくらいかかるのか」「手術をしたことを他人に気付かれてしまわないか」二重整形手術だけではなく、美容整形手術を受ける前は、様々な疑問や不安があるものです。「美容」という言葉のイメージがの強いですが、あくまでも自分の体への外科手術が行われるのですから、慎重でありたいものです。

「理想の目元」に向けて、担当医師と話し合います。二重の幅や形を詳しく詰めていきますので、理想とする芸能人の写真を持参するなどして、自分の希望を正確に伝える努力を。

またアフターケアなどについても質問を。この時点で不安を感じるようであれば、もちろん手術まで進む必要はありません。

そういったカウンセリングを手術前に行わず、そのまま手術をするということは絶対にありえない話です。もし、何のカウンセリングもなく手術を勧めてくるようであれば、そのクリニックでの手術だけは絶対に受けてはなりません。

手術を受けること自体初めてという人はそれなりに不安を抱えているもの。切開法に関してはメスを使っての手術となりますし、埋没法という短時間の手術であっても、「手術」という言葉があるだけで誰もが不安に感じるものなのです。ましてや「目」という人間にとって生きていく中で大事な箇所の手術ですので、最悪の事態まで想像してしまいます。ですので、そういった不安を取り除くためにもカウンセリングはしっかり受けるようにしなければならないのです。

美容整形では「ダウンタイム」という言葉がよく使われます。それは手術後痛みや腫れ、内出血などが起こりますが、それらの症状が日常生活に支障のない程度に回復するまでの期間のことを言います。

二重整形手術の場合、メスを使用しない埋没法とメスを使用しての切開法があります。どちらにもメリットとデメリットがありますし、料金も異なります。当然切開が伴う手術であれば、やはりダウンタイムは長くなります。特に顔の手術である場合、ダウンタイムの間、また抜糸をして完了するまでの間の状態など自分のライフスタイルにどの程度支障が出るのか、事前に確認しておく必要があります。また、美容整形の完成度、満足度を高めるためには、術後のフォローが時欠かせません。術後のフォローが手厚いクリニックを選びましょう。

そして、カウンセリングは患者さんの不安を取り除くためだけでは決してありません。担当医師との信頼を築く場でもありますし、患者さんの納得をきちんと得る場でもあります。説明された内容に不備はないか、不安要素はないかといった部分を全て払拭し、納得してから手術を受けるようにしましょう。

また、あらかじめホームページなどで手術を受けたいクリニックを複数調べてから、カウンセリングを受けて最終決定するというのも良い方法であると思います。比較検討することで医師やクリニックの対応などの違いも見えてきます。術式や金額とともに親身になってカウンセリングをしてくれるような医師がいるクリニックを選びましょう。実はここが最も重要なことです。どのクリニックにするか、というよりもどの医師に手術を担当してもらいたいかという観点で決めてください。それが、後悔しない二重整形手術の第一歩です。

2.麻酔クリームの塗布

カウンセリングに納得することができれば、即日手術も可能。まず初めのステップとして、目元に麻酔クリームが塗布されます。これは術前の局所麻酔(注射)の痛みをなくすためです。

注射の前にこの麻酔クリームを塗ることで、塗った箇所であるまぶたの感覚を鈍くさせる働きがあります。しかし、この麻酔クリームは注射の針を刺すときの痛みを軽減させるものであり、麻酔が注入される際は多少の痛みは生じてくるので注意が必要です。

ちなみに、クリニックによっては麻酔効果が表れる目薬を使用するところもあります。これは、手術中に糸などが眼球に触れても痛みや嫌な感覚をなくす働きがあるのです。とはいえ、麻酔の注入には何ら関係がありませんので、そこの痛みは多少の我慢が必要です。

3.デザイン

カウンセリングで話し合った二重デザインを、担当医師と最終確認します。切開手術の場合、マーキングや最終チェック(左右の目の開きの差や、眉毛位置の確認など)が行われることもあります。

ちなみに、二重整形手術で作ることのできる二重まぶたのデザインは、未広型と平行型の大きく分けて2種類となります。

まず、末広型の二重まぶたは平行型と比べて落ち着いた印象が大きな特徴です。ですので、年齢層が高めの女性に人気のデザインといえるかもしれません。また、和服との相性も良いみたいですので、日本女性らしい目を求めてるのであればこの末広型のデザインが最適かと思われます。

そして平行型の二重まぶたは、先ほどの日本人女性らしい地味な目とは逆に、イメージチェンジの一環として二重整形手術を受ける人が多い印象です。

日本人女性のほとんどは末広型の手術を受ける人が多いとされています。そして、平行型のデザインを希望する場合は切開法の手術方法が提案されることが多いです。

多くの二重整形手術を経験している医師は、ある意味デザインのプロでもあります。それなりにセンスの良いデザインが提案できるでしょうから、メリットやデメリットも含めてきちんと話し合うこともここでは大事になるかと思われます。

仮に、平行型のデザインを希望していたとしても、シミュレーションの時点で医師からストップが入る場合もあるでしょう。ですから、しっかりと医師の意見を聞くのも二重整形手術成功への近道になるのかもしれません。

自分自身で希望する二重のラインの形を明確に持っているといことはもちろん大切ですが、優秀な美容整形の医師というのは、「たくさんの経験と実績を重ね、高度な技術力とともにデザイン力があるかどうかだ」と言われています。その人に合った、自然な二重の形を提案してくれるような医師がいるクリニックを選びたいものです。

4.局所麻酔

手術中に痛みを感じないよう、局所麻酔(注射)をします。事前に麻酔クリームを塗ってあるため、針による痛みはごくわずかです。

痛みへの不安から麻酔量について注文を出す患者もいるようですが、あまり多いと術後のむくみも酷くなります。基本的には、医師の指導に従うようにしてください。

ちなみに、針で注射を刺す際どうしても力が入ってしまう人が多いといいます。その力を入れ過ぎたせいで手術後に腫れたり、内出血を増やす原因になる場合があるので注意が必要です。

とはいえ、針を刺すわけですから全くの無痛というわけではありませんので、力がどうしても入ってしまうのはどうしようもないことでもあります。ただ、こういった最悪のケースを頭に入れておくことで、力が入る加減も多少は変わってくるのではないかと思われます。

そして、麻酔の注射が終わるとすぐに麻酔は効いてきます。麻酔さえ効いてしまえば痛みを感じることは一切ありませんので安心して良いといえます。

正直なところ、二重整形手術というのは決して難しい手術ではありません。ですから、この麻酔で何らかの問題が起きるというのはほぼ皆無といっていいです。全身麻酔ですと前日からの準備で断食などが必要ですが、局所麻酔に関してはそういった準備もほとんどないので特に大きな心配もいりません。

5.手術

いよいよ手術の開始です。埋没法の施術時間は10~20分程度。切開法は30分〜60分程度です。

カウンセリングからそのまま手術を受ける人はそのまま手術室へ行くこととなりますが、別日に手術を希望する人は決められた日時にクリニックへと行くことになります。

時間がない人はその日に手術を受けてもいいかと思いますが、別日にすることで担当医師の話を2回聞けるというメリットが生じてきますので、できれば手術とカウンセリングの日は別にした方が良いかと思われます。

また、カウンセリングから手術までの間に時間を取ることで、手術について冷静な判断をすることもできます。そもそも整形手術は勢いなんかでするものではありません。後に後悔しないよう、カウンセリングで言われたことをきちんと整理して手術を受けるようにしたいところです。

6.術後

二重整形は基本的に日帰り手術なので、入院の必要はありません。術後数十分程度院内で患部をアイシングしたあと帰宅し、医師の指導に従いながら静養します。

手術方法や個人差によってはアイシング後も強い腫れが残る人もいます。ですから、その腫れがどうしても気になるというのであれば、それを隠すサングラスや眼鏡などを用意しておくと便利かもしれません。

7.アフターケア

切開法の場合は抜糸や経過観察のため、数回の通院があります。不安点がある場合は、その際に相談してください。

埋没法の場合、通院の必要はありませんが、不安点についてきちんとフォロー体制が整っているか、カウンセリングの際に確認しておきましょう。

来院での診察はもちろん、電話やメールで術後のアフターケアをしてくるクリニックも中には存在してきます。

後、「まぶたが元に戻ってしまった」、「術後の完成が気に入らない」などといったトラブルが起こった場合に備え、保証制度を用意しているクリニックもあります。保証期間内であれば何度でも無料で施術をしてくれますので、万が一に備えて保証制度が用意してあるクリニックで手術を受けるのも一つの手かもしれません。

8.まとめ

ここまで二重整形手術の流れを簡単に説明しました。

正直なところ、二重整形手術といえども、手術を経験したことがない人からすれば怖さや不安というものはどうしても出てきてしまうものです。

ですので、自分自身でできるだけの情報を集め、ちょっとしたことでもいいのでわからないことや不安要素はすぐに質問をするようにしましょう。

費用に関しても細かい部分にまで気を使った方がいいかと思います。術後に何かしらの料金を取られたというトラブルも決してなくはありません。オプションに関してもどこからが基本料金で、どこからがオプションになるのかということもしっかりと聞くようにしましょう。

二重整形手術というのは決して難しい手術ではありませんが、最低限の失敗だけは避けたいもの。

その失敗を避けるだけの努力は少なからず必要になるのではないかと思われます。

よくある営業手法として注意していただきたいものがあります。それは「カウンセリング当日に手術をしたら、もしくは契約したら◯◯%」このように焦らせたり、他のクリニックとの比較検討ができないようにさせるクリニックは考えものです。

「今日決めてしまえばお得だから」と思ってしまいがちですが、「術後思うような仕上がりにならなかった」「術後の十分なフォローがなかった」などのトラブルも少なからずあります。やり直しなどということになれば時間や費用面でも負担になりますが、何よりも精神的な負担が大きく、つらいものです。ですから、すぐに決めてしまうというのは危険です。逆に「他のクリニックで失敗したという方の手術も多い」という医師は信頼できるかどうかの基準になると言われています。

事前にイメージしてみてください

美容整形のクリニックは、意外にも美容院と似ています。

皆さんの中にも「髪を切ってもらう美容師さんは同じ人で、必ず指名している。」という方が多いと思います。また、「いつもと同じ美容院ではなく、ディスカウントのクーポンなどを使って新しい美容院に行ってみたが、確かに料金は安かったけれど技術的に満足できなかった。失敗した!」という経験をお持ちの方も多いはずです。どの美容院にするかも、美容師さんの技術力が一番大事ですが、それだけではなく、カウンセリング、シャンプー、マッサージ、雰囲気など総合的なもので選ぶと思います。

美容整形は一度手術したら元に戻らないというものも多いですし、思っていたような仕上がりにならなかったのに、契約時の約款で「それらの責任を一切負わない」とするクリニック側に有利な文言が入った同意書などにサインしている場合が多いので、「失敗しても泣き寝入り」となってしまうケースやトラブルになるケースも少なくありません。そのようなトラブルを回避するためにも、自分の大切な体を安心して預けられる医師やクリニックを選びましょう。

名古屋で二重整形をしたい人は必見!クリニック選びのポイント
 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック