名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

痛みはあるの?

このページでは、二重整形手術の痛みについて調査しています。

二重整形手術に痛みはあるの?

心配する女性パッチリ目元へと生まれ変われる、二重整形手術。しかし実行へと踏み切る前に、きちんと調べておきたいのが、術中・術後の痛みです。

二重整形手術は埋没法なら10~20分、切開法でも30分程度と短時間の施術になっています。とは言え、埋没法は糸と針を使用しますし、切開法は皮膚にメスを入れるわけですから、当然痛みの可能性も考えられますよね。

以下に、手術法別に紹介していきますので、ぜひ目を通してください。

埋没法

特殊な糸でまぶたの裏を1~数ヶ所留めていく、埋没法。施術時間は非常に短く、費用も比較的手が届きやすくなっています。痛みの方はどうなのでしょうか。

★術前/術中

埋没法には、痛みがほとんどありません。というのも施術前、まぶたに局所麻酔を打ちますので、感覚が麻痺して痛みを感じなくなるからです。

ただし、その局所麻酔には注射を使用しますので、チクリとした痛みを感じることになるでしょう。しかしそれさえ耐えれば、「拍子抜けするほど簡単に終わった」という感想が圧倒的なようです。

★術後

術後の痛みには、個人差があります。ただし、耐えられないほどの痛みが生じることはないようです。万全を期し、クリニックから痛み止めが処方されると思いますので、軽い痛みが気になるようなら服用しましょう。

また良心的なクリニックは、術後の経過観察のため、1~数回の通院を勧めます。万一軽い痛みが続くようなら、その際に相談してみると良いでしょう。

切開法

希望する二重ラインの上を切開し、余分な皮膚やたるみ、皮下脂肪などを除去する切開法。効果が半永久的に続くのが魅力ですが、痛みはどうでしょうか。

★術前/術中

切除法も埋没法と同じく、痛みがほとんどありません。というのも施術前、まぶたに局所麻酔を打ちますので、感覚が麻痺して痛みを感じなくなるからです。

局所麻酔には注射を使用しますので、チクリとした痛みを感じることもあります。しかしこちらについても念を入れ、まずクリーム麻酔を塗って注射針の痛みをコントロールしてくれるクリニックもあります。心配はありません。

★術後

埋没法に比べ、メスを使用する切開法には、若干重い術後の鈍痛があるとの声も。とは言え心配するほどではなく、人によっては痛み止めさえ服用しない程度と考えておきましょう。

ただし切開法には、術後の抜糸プロセスがあります。手術で生じた「かさぶた」をはがし、糸を引っ張るため、チクッとした痛みが縫い目の数だけ発生すると考えて。とは言え、これも耐えられないほどの痛みではないはずです。

切開法に踏み切る前に注意して欲しいのは、「埋没法に比べ、スキルと症例数が必要な手術である」ということ。未熟な医師の手にかかると、結果や予後に不安が生じます。クリニックの情報は事前によく調べるようにしましょう。

名古屋で二重整形をしたい人は必見!クリニック選びのポイント
 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック