名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

費用の相場はどのくらい?

一重や奥二重がコンプレックスという人は、数多くいます。「整形で目元をパッチリさせたい!」と考えた時、費用の問題はまず気になるところではないでしょうか。
以下に、二重整形の相場を調べましたので、詳しくチェックしてみましょう。

  • 埋没法の場合…5~10万円以内。平均価格は6万円程度
  • 切開法の場合…20~40万円以内。平均価格は25万円程度

クリニック選びのポイント

美容整形を行う際、クリニック選びに慎重になる人は決して少なくはないでしょう。

医師の技術、手術費用、アフターケアなど、どれを取っても慎重にならなければいけません。

では、美容整形を行う際のクリニック選びのポイントにはどういったことがあるのでしょうか。

医師の経験度

まず、美容整形の成功に必要なのが医師の選び方になります。どんなに評判が良いクリニックを選んだところで、担当医師がずさんな対応や施術なら何の意味もありません。

そこで大事なのが担当医師の経験度。

とはいえ、どのホームページを見ても医師の経験度に至るところまで記載しているクリニックはほぼないといえます。結局のところ、直接担当の医師に聞くしか方法もないのです。

ちなみに、一般的に二重まぶたの埋没法では100件以上の手術をしないと一流とは言われません。

注意しなければならないのが、その医師が200件の症例数があると言った場合、それは200人の症例数なのかということです。医師によっては、1人で両目換算している場合があるからです。

100人の患者を手術したのと、200人を手術したのでは倍患者の数が違ってくるのです。

ずさんなカウンセリングをしない

費用面しか話さない

基本的に美容整形クリニックは自由診療になりますので、クリニックによってはかかる費用も変わってきます。ですので、事前にカウンセリングが行われますし、そこで費用に関しての相談もされます。もちろん費用だけではなく、仕上がりの提案などもそのカウンセリングで行われます。

そこで注意しなければならないのが、費用面のことをメインに話をしてくる場合です。

メニューによっては費用も当然のように違ってきますから、当然のように高い費用のメニューを勧めてくる場合もあります。

本当に大事なことは、その医師が勧めてくるメニューは自分にとって必要なのかと考えることです。

一方的に決断を求めてくるような医師は要注意と言っていいでしょう。

結局のところ、本当に良い医師というのは費用面に関しても親身になってくれます。1円でも費用を抑えて手術するのも成功の一つでもあるのです。

リスクに関する説明がない

次に、リスクに関しての説明が一切ないというのも考えものであります。

どの医療に関してもリスクというのはどうしても伴ってきます。特に美容整形にとっての効果とリスクは隣り合わせでもあるのです。ですので、効果の部分しか言ってこない医師も要注意と思って間違いないでしょう。そういったクリニックに限ってアフターフォローもずさんだと言われています。

自信過剰に技術をひけらかす

最後に、自分の技術に驕りを持っている医師も決してよくはありません。

例えば、「この手術は自分にしかできない」、「この手術法は自分しかやっていない」というような発言をする医師も決して良い医師とは言えないでしょう。

素晴らしい医師というのは新たな技術や治療法を発見したら、もっと世のためにその技術を広めようとするものです。それが真の医師であり、医師の使命でもあるのです。

ですので、上記の発言でいえば「誰も真似をしない大したことのない手術」とも受けて取れるのです。

医師の知識の豊富さと人柄

医師にとって専門の知識を持っているというのは最低限必要なものであります。 ですので、手術を受ける患者の質問や疑問に対してきちんと答えられるというのは大前提でもあるのです。

もちろん医師の人柄も大事になってきます。

いくら高い技術を持っていたとしても、横柄で乱暴な医師には誰も診てもらいたいとは思わないはずです。

それと同時に、その医師との相性というのもここでは大事になってくるのではないかと思います。

基本的に、自分の考えと相手の考えがマッチングしたときは間違いなく好印象を持つことになります。ただ、ここでは自分の間違った考えをしっかり否定してくれるのも大事になってくるのです。ただ否定してくるのではなく、患者の考えに対してしっかりとした根拠を持って否定してくれる医師が良い医師だといえるでしょう。

きちんとした値段設定をしているか

美容整形において費用に関しては誰もが気にする部分でもあります。クリニック自身も家賃や人件費、広告費や設備費用などなど、運営していくには様々な費用が掛かってくるのです。ですので、患者にもそれなり相応の費用を支払ってもらわないと潰れてしまうのです。

とはいえ、安ければ安い方が良いとも言えませんし、逆に高ければ高いからといって良いクリニックだとも言えません。

結局のところ、費用面だけでは良いクリニックかどうかの判断がしかねるということです。

ですので、自分が受けようとしている治療は、他のクリニックと比べて相応な値段設定なのかというところで判断するしかないのです。

アフターフォローがきちんとしているか

最後に、手術後のアフターケアに関しても大事になってきます。

手術後は誰でも不安に思うもの。その不安もアフターケアで十分に和らげることができるのです。

ただ、手術をしたらそれで終わりというようなやり方のクリニックは絶対に良くありません。

今ではアフターケアも治療の一部として実施しているクリニックが普通であるのです。手術後の保証制度を設けているクリニックもありますので、最低でも保証制度を設けているクリニックだけは選ぶようにしましょう。

埋没法の場合

特殊な糸で、まぶたの裏を1ヶ所~数ヶ所留めていく埋没法。施術時間は非常に短いため、費用も比較的手が届きやすい価格になっています。

費用は留める箇所の数や埋没法の中に施術の種類が異なるので、それにより変動があり、1点留めの場合、クリニックが制定するキャンペーン価格の1万円前後で済む場合も。気軽に受けれることから、「プチ整形」と呼ばれるのもうなずけますね。

考える女性しかし、埋没法は数年で元に戻ってしまうケースが、多くなっています。その度に施術を繰り返すと、トータルでは結構な出費になることも…。価格が非常に安い場合、再施術の可能性も考慮に入れておきましょう。

また、元に戻ってしまうことを考慮して、施術に永久保証制度を設けているクリニックもあります。その場合、再手術は無料ですが、初回費用は平均価格を上回ることもあると考えてください。

さらに、希望としている二重のラインと、もともとの目元のラインが合致しない場合、時間経過とともに戻りやすくなります。その場合、医師より「永久保証は付けられません」と案内されることもあります。

埋没法の種類

瞼板法

まぶたの開閉をシャッターのように行っているところ、瞼板(けんばんせん)という皮下組織を糸でとめていき、二重を作り固定する方法です。

1ヶ所から複数ヶ所、まぶたの重さによりとめる度合いも異なってきますが、手術が簡単できて、治療費用も安くすみます。施術後に気に入らなかったり、失敗しても再びやり直すといったことも比較的簡単にできます。

しかし、まぶたの裏側で結んだ糸が、何かの拍子に出てしまい、眼球に当たって角膜を傷つける可能性も。さらに、雑な仕上がりだと糸も緩みやすく、埋没法を何回も繰り返す羽目になる人もいます。

挙筋法

挙筋法は瞼板法のときにも登場した、まぶたの開閉を行う瞼板(けんばんせん)の上にある、挙筋腱膜というまぶたを動かす筋肉に糸を通して、さらに綺麗な形の二重を作って固定するという方法です。

挙筋法は、瞼板法よりも施術後に二重が戻取ってしまうリスクが少なく、腫れも痛みもそれほどありません。

瞼板法だとどうしても糸の結び結び目ができてしまうので、まぶたへの異物感や眼球が傷つくといったリスクがあります。

しかしこの挙筋法ならば、筋肉に直接糸を縫い付けているのでそのような心配がありません。

切開法の場合

切開法は、使用する施術機器や医師の技術などにより、金額が異なります。皮膚にメスを入れる手術のため、埋没法より金額は高いものの、何度も繰り返す必要はないため「コスパは埋没法より優れている」という意見もあります。

また部分切開法では、費用を通常の切開法より抑えることも可能。クリニックが対応しているかどうか、事前によく調査してください。

切開法の特徴

理想の二重まぶたになりやすいというのは当然のこと、目の上の脂肪も取り除いてくれるというのが大きな特徴ではないでしょうか。

一重まぶたの目はどうしても腫れぼったく見えがちです。もちろん、人によってはその見え方も様々になりますが、特にまぶたの上の腫れ具合にコンプレックスを持っている人には向いている手術法になるのです。

二重にしようとするまぶたの上を切開し、余分な脂肪を取り除いた後、きちんと内部処理をしてから縫い合わせる方法になります。

手術時間も約30分と短く、一重まぶたに戻ってしまう心配もないので、手っ取り早く二重まぶたにしたい人にはオススメの手術方法でもあります。

とはいえ、まぶたの上を切開するわけですから、手術後すぐに普通の生活が送れるわけでもありません。抜糸するまで約1週間はかかりますし、その後も多少の内出血や腫れは残ることになります。

ただ、この切開法は半永久的に二重まぶたになりますので、最初の時間さえ取ることができるのであれば最適な手術方法なのかもしれません。

全切開法についてはこちら→全切開法の特徴やメリットデメリット

部分切開法についてはこちら→部分切開法の特徴やメリットデメリット

二重整形手術にはダウンタイムというものがある

二重整形手術というのは、埋没法であっても切開法であっても目に負荷がかかるのでどうしても目が腫れてしまったり、内出血を伴います。

目の腫れや内出血が起こると、目の違和感を伴いとくに女の人はその期間中、外出といった通常の生活は難しくなってしまいます。

この二重整形手術の後遺症から、通常の生活に戻るためのその時間のことをダウンタイムと言います。

ダウンタイムの間の日常生活は目に負荷がかかるような行動を避けないと、思わぬトラブルの原因を引き起こしてしまいます。

保険適用は無理?

二重整形は病気の治療ではなく「審美施術」なので、基本的に保険適用は無理。すべて自費負担となります。しかし眼瞼下垂手術に関しては、一部保険適用のケースがあるそうです。

眼瞼下垂は、アトピーなどの疾患、目の酷使、メイクアップなど後天的な生活習慣により、眼瞼機能に障害が生じ、上まぶたが下に垂れ下がってしまい、まぶたがしっかり持ち上げられなくなるという疾患です。症状がひどくなってしまうと、目が半開きのまま閉じきれなくなったり、目が開かないということになってしまいます。

このようになってしまうと日常生活もままならなくなり、疲れやすくなる・目の疲労・頭痛といった症状を併発してしまいます。

その場合、形成外科や一部の美容外科で保険適用による手術が行われる場合も。眼瞼下垂の自費費用相場は30~50万円程度ですが、保険適用となれば10~20万円程度に抑えられます。

もし本当に眼瞼下垂の症状が重いと判断される場合、まず眼科や形成外科に相談してみるとよいでしょう。

保険が適用されないからこそ自分に合った二重手術を選択することが大事

保険が適用されない二重整形手術は全て自己負担になるということで、なるべくならば無駄な出費は避けたいところ。

無駄な出費を避けるには、いかに自分の症状に合ったアプローチ方法で手術が受けられるか否かにかかってきます。

もちろん二重整形手術に対する予算というはある程度決まってしまっていて、なるべくコストを抑えたいということは誰しもが思っていること。

しかし目先の手術金額だけを見てコストがかかるか否かということを考えてしまうと、かえって高コストな手術の道を選んでしまっている可能性もあります。

例えば切開法と埋没法の2種類を選択することになったら、上記でも話した通り切開手術のほうが手術費用は高くなります。

また切開手術でも部分切開と全切開ならば、全切開の方が手術費用は高くなりますし、埋没法になってくるとアプローチ方法が細かくなってくるので、金額も細かく低額のものから高額のものまで幅広い選択肢ができてしまいます。

そこで手術方法は様々なのに提示された手術の中で最低金額の手術を受けたとしたら、金額だけを見て手術方法を決めてしまっているということになります。

その一方で自分に合ったアプローチ方法であることは蔑ろにしてしまっています。

たまたまそのアプローチ方法で綺麗な二重まぶたを手に入れていればいいですが、自分には合わず不自然な二重になってしまったり、いつの間にか元に戻ってしまっているなんてことも十分考えられます。

そうなってしまったら再びお金を出して再手術なんてことも。

その時点で1回目に出した金額は無駄になり、さらに無駄な出費を背負うことに。

そのことから金額よりも自分の目の状態を医師と相談して、アプローチ方法を決めていった方が自分の目にあった手術を受けることができて手術も一回で済み、コストも安くすみます。

術後のダウンタイム中の生活に気をつける

術後の3日間

先ほども手術後にはダウンタイムという、腫れや内出血を伴ってしまう期間があると説明させてもらいましたが、この期間の過ごし方で手術が成功しているか否かに影響をもたらします。

まずは、術後入院がいらないので自宅に帰ることになります。

術後は目の違和感やかゆみ、痛みを伴う恐れがあるので、目を擦ったりすることは絶対に避けなければなりません。

菌が目に入ったり、施術箇所を悪化させてしまう可能性も。

次に術後三日程度は、仕事や学校といった外出行為は避けたいところ。

目の腫れた状態では二重整形を行なったことがバレてしまう可能性もありますし、目に菌が入ってしまうことを防止しなければなりません。

また目に違和感があるので、目の疲労、そこから体全体の疲労に繋がります。

体が疲労を感じてしまうと免疫力がなくなるので、目の腫れが治りにくくなります。

後先を考えて長期休みが取れるスケジュールを組み、手術を受けたいところですね。

腫れが引いてくるまでの行動

当然、腫れが引くまでは目の負荷になることは避けなければなりません。

その中でもテレビやパソコン、スマートフォンといった普段の生活で何気なく見てしまうものの長時間使用は避けましょう。

これらのものは文字を目で追ったり、ブルーライトの影響で目に負担がかかります。

読書や漫画も目が疲れてしまうので同じことが言えます。

毎日入るお風呂も注意が必要。

熱いお湯に浸かったり、シャワーを浴びたりすると目の周りに血流が良くなりすぎて術後の目の腫れを悪化させてしまいます。

温泉やプールといった公共施設も避けたいところ。

温泉は温度高めですし、効能により目に良くない成分が入っていたり、血流を促してしまう成分だと体には良くても目には逆効果です。

プールはカルキや菌の付着が否めないので論外です。

睡眠と栄養を十分にとる

何事にも体を回復させるのは睡眠が一番。

とくに手術で目に傷を負っている状態ならば、余計に睡眠を良く取らなくてはなりません。

夜更かしや夜中に何度も起きてしまうというのは、体の免疫力が落ちてしまうので、絶対に避けたいところ。

だからといって睡眠ということを意識して一日中寝れば良いということじゃなくて、体が一番休まる時間帯の22時から2時間のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯を挟んで眠っていなければなりません。

このゴールデンタイムというは、体が一番栄養素を取り込んで疲労を回復させる質の良い睡眠がとれる時間帯です。

そのためにバランスに良い食事を3食とも摂っておくことが重要になります。

また眠っている時の体勢も非常に重要です。

術後は目元の血流を促してしまうと腫れが引きにくくなるので、フラットタイプの枕ではなくて高さのある枕を使用しましょう。

高さがない枕だと血液が流れやすくなって、腫れがひきにくくなります。

逆に高さのある枕ならば、血液が流れにくい状況を作れるので目の腫れが引きやすくなります。

また高い枕で頭を高い位置に持ってくると体のほうの血液循環は良くなるので、栄養素も体内に循環していきます。

要はいかにして体に取り込んだ栄養素を送り、体を回復させるかという状況なのでそのためには睡眠は重要な項目なのです。

名古屋で二重整形をしたい人は必見!クリニック選びのポイント
 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック