名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック HOME » 二重まぶた・目もと整形の手術方法いろいろ

二重まぶた・目もと整形の手術方法いろいろ

目

このカテゴリでは、二重まぶた形成のための行われる、手術法の種類を紹介します。

「憧れのパッチリ目元を手に入れたい」と思って、いろんなクリニックのHPなどで二重整形を調べると、多くの施術法があることに気づかれると思います。どの方法を選ぶかは、あなた次第。

プチ整形感覚でとりあえずという人もいれば、半永久的な効果を望む人もいるはず。それぞれの特徴を比較して、自分が望む目元はどの施術が適しているかを調べてみましょう。

  • 埋没法…近年最もポピュラーな、二重形成術。ほとんどの美容クリニックが対応しています。施術時間も10分程度の手軽さが魅力。
  • 全切開法…効果が半永久的に続く、確実な方法。その分懸念されるデメリットも知っておく必要があります。
  • 部分切開法…埋没法と全切開法の中間に位置する方法として人気です。
  • 目頭・目尻切開法…二重整形のオプションとして併用される方法。より完璧な仕上がりを目指す人から選ばれています。
  • まぶたの脂肪除去(脱脂法)…腫れぼったいまぶたを何とかしたい!という人が、二重形成のために併用する方法です。
  • 眼瞼下垂…まぶたの垂れ下がりが気になる人向け。保険適用で負担額が大幅に軽減できる可能性もあります。
  • たれ目形成…大きな癒し系の瞳を実現したい人が、二重形成に併用する方法です。

ぜひ各ページに目を通し、自分の理想を実現するために必要は方法な何なのか、理解を深めてくださいね!

お手軽かつ安心!現在最もポピュラーな二重整形「埋没法」

埋没法は一切メスを使わないところが特徴の二重整形です。使用する器具は細い針と糸だけ。手術時間は10分程度しかかからず、その上平均価格も6万円とリーズナブルな点も魅力的。ダウンタイムも短く、およそ3日から1週間程度で腫れがひくケースが多いです。

糸で留めているだけなので、もし気に入らなければ気軽に戻せる点も埋没法の強みでしょう。ただし、効果は1年から数年程度しかありません。他の二重整形と違い、元に戻りやすい点を覚えておきましょう。

>>埋没法

効果は半永久的!長所と短所が表裏一体の二重整形「全切開法」

全切開法は、目元にメスを入れて余分な皮膚を取り除き、脂肪を減らすことで二重まぶたを作る二重整形。施術時間は30分から1時間程度で、平均価格は30~40万ほど。こちらのメリットはなんといっても、一度作ってしまえば戻りにくいこと。

ただし同時に、それは一度完成してしまったら元に戻すのは難しいということでもあります。失敗しないためにも、できるだけ評判のいい医師を探しましょう。

>>全切開法

比較的お手軽な切開系の二重整形「部分切開法」

部分切開法はメスで目元に切り込みを入れるタイプの整形手術ですが、残る傷跡が少ない点が魅力です。まぶた全体を切開するわけではないので、ダウンタイムも早ければ1週間程度で終わるでしょう。費用も20万円と、全切開法と比べて5~10万程度は安上がりです

デメリットは、全切開法と比較して整形の自由度は低い点。入れる切り込みが少ないので、ラインそのものを大幅に変更することは不可能となってしまいます。

>>部分切開法

パッチリした目・切れ長の目を実現させる「目頭・目尻切開法」

こちらはそれぞれ、その名のとおり目頭・目尻に切り込みを入れる二重整形手術です。目頭切開では黒目が強調された一回り大きな目に、目尻切開ではより大きく切れ長な目元を実現させることが可能。また、目尻切開は傷跡が目立ちにくいというメリットもあります。

その一方で、特に目頭切開は「施術後の抜糸まで1週間程度の時間が必要」といったデメリットも。ダウンタイムの跡も目立ちやすいことが多いので、受ける際は長期的な休暇に入るタイミングで施術を行うのがおすすめです。

>>目頭・目尻切開法

埋没法や切開法と併用可能な「まぶたの脂肪除去(脱脂法)」

傷跡がほとんど残らない・ダウンダイムが短い・効果は永続、と部分切開法と似たメリットがあるのが脂肪除去。とくに、まぶたの脂肪が多く埋没法が適さない方も脂肪除去法と併用すれば、手軽に二重を作れるようになります

デメリットは施術効果が現れない人もいる点。こちらを医師に勧められた場合、カウンセリングの際に、必ず自身の目元に適しているかどうか確認しましょう。

>>まぶたの脂肪除去(脱脂法)

ビジュアル以外にも効能のある「眼瞼下垂手術」

眼瞼下垂手術は、垂れ下がったまぶたを改善する手術です。単純に目が開きやすくなって視界が広がるだけでなく、眼精疲労・肩こり・頭痛などの大幅な改善が期待できるとされています。機能面だけでなく、見栄えももちろん良好。

ネックとなるのはその費用で、およそ50~100万円が必要となります。また、ダウンタイムが長めで腫れが落ち着くのに1月かかるケースも。

>>眼瞼下垂(がんけんかすい)

別名グラマラスライン!今最も注目を集める「たれ目形成」

たれ目形成はその名のとおり、柔和な印象を与えるたれ目を作るための整形手術。ただたれ目を作るだけではなく、同時に目元も大きくしてくれるところが魅力です。また、皮膚表面には一切傷が残らないだけでなく、ダウンタイムが短い一方で、効果は半永久的に続くという優れもの

ただし、目尻を下げ過ぎた場合はドライアイを始めとするトラブルに見舞われる可能性があります。目尻の下げ幅に関しては医師と相談した上で慎重に決めましょう。

>>たれ目形成

 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック