名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

全切開法

このページでは、二重まぶたを実現する全切開法について紹介しています。

二重を実現!全切開の特徴

埋没法とは異なり、パッチリの二重を半永久的に実現する全切開法。その概要を詳しく紹介しましょう。

全切開法の手術内容】

まぶたの希望二重ラインをすべて切開して、余分な皮膚を取り除いたり、脂肪を減らしたりすることで、二重まぶたを作る。施術時間は30分~1時間程度。

全切開法の平均価格】
30~40万円

全切開法の手術手順】
一般的にはカウンセリング→局所麻酔→手術の流れ。
カウンセリング当日の施術も可。入院の必要はない。

メリット

切開法で二重まぶたを作れば、埋没法のように元に戻ってしまう心配がありません。効果は半永久的に続きます

二重で折れるラインと傷のラインが同じなので、思うほど跡は目立ちませんし、埋没法のように脱脂法を伴わなくても、すっきりと開きの大きい二重まぶたが実現します。

デメリット

切開法のメリットは、同時にデメリットとなる可能性も含んでいます。即ち、一度完成してしまうと元に戻しにくいということ。腕のいい医師を探し、仕上がりイメージをしっかり共有しておかないと、あとで後悔することにもなりかねません。

ここで理解しておく必要があるのは、「切開術でも、目の形そのものは変えられない」ということ。元々が末広がり型なのに、平行型の目にしたい場合は、目頭切開などの手術も併用する必要が出てきます。

また切開法は皮膚にメスを入れるため、手術時間やダウンタイムも長くなっています。強い腫れは1週間程度続きますし、二重幅が完全に落ち着くまでには半年程度の時間を要します。

いかがでしょうか?デメリットを知ってしまうと、「やっぱり切開法は不安…」と感じてしまう人がいるかも。

しかし現時点では、やはり切開法が最も確実な方法であることに、間違いはありません。問題点をしっかりと把握したうえで医師と話し合い、より良い結果を目指すことができれば、きっと満足のいくパッチリ目元が実現できますよ!

名古屋で二重整形をしたい人は必見!クリニック選びのポイント
 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック