名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

まぶたの脂肪除去(脱脂法)

このページでは、まぶたの脂肪除去・脱脂法について紹介しています。

まぶたの脂肪除去・脱脂法の特徴

まぶたの余分な脂肪を除去する整形、脱脂法。その概要を詳しく紹介しましょう。

【脱脂法の手術内容】

瞼の上を数ミリ切開して、眼窩脂肪と呼ばれる瞼の脂肪を除去する。施術時間は20~40分程度。

【脱脂法の平均価格】
25~40万円

【脱脂法の手術手順】
一般的にはカウンセリング→局所麻酔→手術の流れ。
カウンセリング当日の施術も可。入院の必要はない。

メリット

切開部分が小さいため、傷跡がほとんど残らない施術です。もちろん痛みも少なく、強い腫れは3~4日で引くなど、ダウンタイムも短くなっています。そのうえ効果も、半永久的です。

また脱脂法は、二重形成の埋没法や切開法と併用されるケースが多くあります。特に埋没法の場合、まぶたに脂肪が多すぎて施術が適さない人でも、脱脂法をプラスすることで手軽が二重を形成できるようになります。セット価格で、利用しやすい費用体系を設けているクリニックも数多いようです。

もちろん脱脂法だけでも、アイプチの効果はグンと高まります!また元々二重の人は、よりはっきりとしたラインが現れ、目元が華やかになるでしょう。

デメリット

腫れぼったいまぶたの持ち主にとって、願ってもない整形術である脱脂法ですが、残念ながら施術効果が現れない人もいます

まぶたの厚みの原因が眼窩脂肪にある場合は良いのですが、「隔膜前脂肪」と呼ばれる、まぶたの浅い部分にある皮下脂肪が原因の場合、通常の脱脂法では、腫れぼったさが解消できないのです。
その場合は、隔膜前脂肪専用の除去術を行う必要があります。

患者の目元状態を十分に確認しないまま、脱脂法に及ぶ医師にあたらないよう、カウンセリングの際によく相談してください。また、必要以上に脂肪除去を行うと、加齢に伴って「たるみ」が生じやすくなるというデメリットもあるので、注意が必要です。

 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック