名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック

理想の二重をゲット!名古屋の美容クリニックパーフェクトガイド

眼瞼下垂(がんけんかすい)

このページでは、まぶたのたるみの整形・眼瞼下垂手術について紹介しています。

まぶたのたるみの整形・眼瞼下垂手術の特徴

重いまぶたのたるみを整形するのが、眼瞼下垂手術です。その概要を詳しく紹介しましょう。

【眼瞼下垂手術の内容】

眼瞼下垂の原因を取り除くことでまぶたの開く力を強化し、目の縦の幅を広げる。いくつかの種類がある。

  • 挙筋前転法…延びたり緩んだりした挙筋腱膜を、瞼板に再固定する。
  • 挙筋短縮法…延びきってしまった眼瞼挙筋や挙筋腱膜を切って短縮し、瞼板に逢着させる。
  • 上眼瞼切開法…弛緩したまぶたの皮膚だけを切除する。老人性眼瞼下垂に適用される。
  • 経結膜的眼瞼挙筋短縮術…挙筋短縮法を表面からではなく、結膜側(まぶたの裏側)から切開する方法。

施術時間は手術法によって異なるが、30分~2時間程度。

【眼瞼下垂手術の平均価格】
50~100万円
※保険適用の場合は3割負担

【眼瞼下垂手術の手順】
一般的な美容外科では、カウンセリング→局所麻酔→手術の流れ。
カウンセリング当日の施術も可。入院の必要はない。
一般の形成外科で行う保険適用の手術は、入院を伴うことがある。

メリット

女性イメージまず垂れ下がったまぶたを改善する手術ですので、目が開きやすくなり、視界が広がります。目が見えにくいために招かれた眼精疲労、肩こり、頭痛なども大幅に改善されるので、毎日の生活が文字通り明るくなるでしょう。中には手術後に、うつ病が治ったという報告さえあるほどです。

また、眼瞼下垂手術は機能面だけでなく、見た目もきれいな二重まぶたにすることが可能です。ここで注意したいのは、保険適用について。眼瞼下垂は医師の診断のもと、重症で日常生活に支障をきたすと判断された場合、保険適用での手術が叶います。

「負担額が大幅に変わるし、できれば…」と考えるのは人情ですが、その判断は医師によって異なります。また、形成外科での保険適用手術は、審美より機能性が重視されるため、見た目の仕上がりに不満が残ることも…

中には保険適用の手術に対応してくれる良心的な美容クリニックもありますので、複数の医師に相談し、より良い条件をじっくり探すようにしてください。

デメリット

眼瞼下垂手術は、ダウンタイムが長め。内出血が2~3週間消えないこともありますし、腫れが落ち着くのに1ヶ月程度かかる人もいます。ただし「眼瞼下垂は病気」というイメージも浸透しているので、美容整形より周囲の理解が得やすいかもしれません。

また失敗のリスクも知っておきましょう。眼瞼下垂手術の中でも「挙筋短縮法」は、眼瞼挙筋に付いているミューラー筋を傷つけてしまう危険があります。この手術は「挙筋前転法」が適用しない重症患者向けですので、もし医師に勧められた場合は、その理由を必ず確認してください。また技術が高く、症例数の多い医師を選ぶことが必要不可欠です。

名古屋で二重整形をしたい人は必見!クリニック選びのポイント
 
名古屋で探す!評判のいい二重整形クリニック